Home > 往診・在宅訪問リハビリマッサージ(健康保険適用)

往診・在宅訪問リハビリマッサージ(健康保険適用)

寝たきり・歩行困難な患者様に対してはご自宅まで治療にお伺いする「往診・在宅訪問リハビリマッサージ」を行っていますのでお気軽にご相談下さい。※ご希望により鍼灸治療も行います。

往診・在宅訪問リハビリマッサージまでの流れ

当院に電話かメールにて往診を希望する旨をお伝え下さい。

ご自宅にお伺いし問診を行います。

問診の結果、往診に適応できる症状であれば治療・リハビリ計画を作成し往診させて頂きます。
※症状によっては同意書が必要になる場合があります。

☆外傷(骨折・捻挫等)による急性・亜急性外傷に対する往診 → 同意書不要
 慢性疾患(筋麻痺・関節拘縮等の症状)による長期の往診  → 同意書必要
※用紙は当院で用意いたしますので、かかりつけの医師に記入して頂いて下さい。
 尚、かかりつけの医師がいなければ当院から紹介させて頂きます。

吉澤接骨院の往診・在宅訪問リハビリマッサージ

当院の往診・在宅訪問リハビリマッサージでは
骨折・捻挫等の急性・亜急性外傷に対して → 固定等の処置や手技療法を行います。
筋麻痺や関節拘縮等の症状に対して    → 筋肉・関節に対して手技療法を行います。
※ご希望により鍼灸治療も行います。

吉澤接骨院のリハビリマッサージについて

筋麻痺や関節拘縮が起こってしまうと筋力や関節可動域の制限が出てしまいます。
それらの症状は日々進行していて、歩行困難な方や寝たきりの方ですと症状の進行はより早いです。

そのような方に症状の改善・維持を目的とした当院のリハビリマッサージをする事により
筋肉の機能回復促進と関節可動域の拡大と維持が期待できます。

特に関節拘縮は普段から動かしていないと、症状が進行しどんどん動かせる範囲が狭くなっていきます。
歩行困難や寝たきりの方の場合は自分で関節の全可動域に渡って普段から動かす事はとても難しいです。
時間が経ち気が付いたら介助されて座るのさえ困難になっていたなんていうのはよくある話です。
なのでそうならない為にも専門家が定期的にマッサージ並びに関節可動域訓練を行う必要があります。

当院では手足の指先の小さい関節一つ一つに至るまで丁寧に施術させて頂きます。

具体的な治療・リハビリ計画は人によって異なりますので詳細は是非お気軽にお問合せ下さい。

Home > 往診・在宅訪問リハビリマッサージ(健康保険適用)

診療案内
診療時間 9:00〜13:00 15:00〜20:00
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日 ◯ 14:00まで


Return to page top